読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらまつり

非オタへの道(失敗)

2016年上半期まとめ

2016年も半分が終わってしまった。今年は年始に追っかけをやめて観たいものを観るスタイルにした。
今まで追ってる俳優の仕事履歴=自分の参加記録だったからこういうの書けてとても嬉しい。


○1月

・六屋敷 三之助四左衛門助太郎九兵衛宗清 『結び』

略名むさし。ほぼ素人の子たちが組んで始めた殺陣ユニットらしい。殺陣が観たかったら殺陣を売りにしてる劇団に行くし別に芝居も本も特別良いわけじゃないので中々茨の道を歩んでるなという感想。


・さくらしめじリリースイベント

友達が行ってたから1stの頃にちょくちょく遊んでた現場。丸1年ぶりに行ったら2人ともでかくなってて男になってた。推してた子がくろばまりおに激似すぎてくろばまりおの画像見ると興奮するようになった。



○2月

・ねもしゅーのおとぎ話 『ファンファーレサーカス』

地味に行ってるねもしゅー。本公演以外観たことなかったけど楽しかった。本公演の方が好みではあった。


・ミュージカルテニスの王子様 青学vs山吹

3rdは不動峰は観てなくてルド・山吹は観た。山吹は壇くん厨。キャラショみて推せない!!ってなったのに実際観たらかわいすぎて死んだ。さのくんの壇くん最高だった。


・amazarashi Live Tour 2016 世界分岐二〇一六

あまざらし。何年か前にヘブンズフラワーとかいう深夜ドラマで知って以来好きなバンド。数年越しにようやく足を運んだけど生あまざらし重すぎてしんどかった。CDで聴くくらいがちょうどいい。



○3月

・ヨビコー!!~You be cool !~

よびこー。友達の推しが出るから付き添いでチケット取ったのにその子が来れなくなってその子の妹と連番した。あんまり好みじゃなかった。
前の前に追ってた人が出てたんだけど、私が行った日に本当にまじで偶然前に追ってた人が観に来てて気まずさしかなかった。
新馬場から品川行きって電車本数少ないから同電になることザラにあるけど、駅のホームが本当に気まずかった。


・リリィ、さよなら。dデリバリーパートナー就任記念スペシャルワンマンライブ

これも付き添い。ライブハウスは非ドル以来だったけどはるかに現場が静かだった。全然知らなかったけど超特急に楽曲提供してるらしい。生歌安定しすぎてて怖かった。現場も怖かった。



○4月

・月刊「根本宗子」 第12号 『忍者、女子高生(仮)』

めっっっちゃ面白かったけどとにかくしんどい。毎回ねもしゅー行って思うのは男性客はあれを観て何を思うのかなんだけどねもしゅー観てる男の知り合いがいないから聞けない。


・20歳の国 『保健体育B』

面白い劇団を開拓したくてこりっち舞台芸術の賞にノミネートしてた中から気になるやつに行った。長井短さんが出てた。10年分くらいのキスシーンを見た。女優もすごいけど俳優さんのが下半身的な意味で辛いだろうなと役者魂を感じた。



○5月

・「ぱんきす!3次元」イベント#7

友達の付き添い。前からずっと顔面だけが好きで好きでしょうがなかったメンバーとチェキ撮った。



○6月

・柿喰う客フェスティバル 『露出狂』

3年ぶりくらいの柿。パルコプロデュースの方を観に行かなかったことをめちゃくちゃ後悔してたからチケット買うの即決だった。死ぬほど面白かった。柿は演劇を観た!!!って感じがして好き。


・別冊「根本宗子」 第5号 『バー公演じゃないです。』

別冊公演は初。本公演はしんどいとか辛いとか、負の気持ちが増大して一回観たらもういいです…ってなるけどこれは楽しく観られた。



・根本宗子の面談室 VOL.2

ねもしゅー好きかよ。別に根本さん本人の大ファンなわけじゃないけどゲストが能町さんだったから衝動的にチケットを取ってしまった。生男に縁のないおたく生活だったからロフトプラスワン初めてだったけどあそこは人と行きたいな。



○まとめ

大体こんな感じ。根本さんが多いのは短いスパンで公演とかイベントとかガンガンやってるからというのが大きくて、本当にすごいなと思う。ブス会とか行きたいんだけど公演の予定がないみたいで悲しい。
面白い劇団たくさん知りたいけど博打はなかなか打てないから結局同じのばっかり観てしまっている現状。下半期、今のところは柿の女体シェイクスピアガラスの仮面を観る予定。

新幹線とか大人計画とか宝塚とか、大きいものを観たい気持ちはあるけどなかなかチケットを買うまでに至らない。

舞台とかじゃないけど、この間初めてリアル脱出ゲームに参加した。情報をどんどん発信していく能力と自分の役割を見つける能力が必要で、残り15分あたりからの記憶が本当にない。参加型は人狼TLPTぐらいにしておこうと思った。