読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらまつり

非オタへの道(失敗)

舞台俳優応援スタンス-20歳社会人編-

今流行りのトピック「応援スタンス」について

 今はもうほとんどオタクではないので1年前くらいまでのスタンス。

 

■基本情報

・20歳都内勤務事務職

・都心まで電車で一時間ちょいくらいの実家暮らし

 

■担当

テニス出身俳優。

なんとなく名前は出してないけど過去のエントリを読めば大体察しはつくはず。人気があるかないかで言えばあまりない方。仕事はあるほう。多分。

 

■好きになる基準

・あまりオタクを釣らないでうまく飼うタイプ

・でも優しい

 歴代ちょっかい出してきた人たちに共通点がないのできっと直感。

 

■雑誌を買う基準

載ることが極めて稀なので全買い。

テニス中載った雑誌は1誌だけだった。それでもキャラクター的には奇跡に近い。

今は大きな作品に出ていらっしゃるので現役で追ってたら結構な冊数買うことになっていたのかもしれない。

 

■円盤を買う基準

発売日を過ぎて買ってないとその後絶対買わない法則があるから基本は公演期間中に予約。

記念に買うだけなので一人で観ることはほぼない。友達と鑑賞会開けば観るけど開催されなかったら未開封のまま積んであることもしばしば。歴代好きな作品BEST3が全部DVDになっていないのが不満すぎる。

 

■現場に行く基準・遠征に行く基準

行けるだけ行く。

平日昼公演はそのときの自分の仕事の状況を見て有休とって行ったり行かなかったり。夜と土日祝は全部入りたい派。

 

■公演グッズを買う基準

基本は全部。たまにある1セット1000円全15種みたいな地獄かよみたいなときは貧乏なので全買いはしない。

ランダム缶バッジとかメセカとかチェキとかは自引きするまではとりあえずやって2.3枚出したらやめる。

物販に関しては舞台を観に行ったらとりあえず買うものって認識で、特別欲しくて買ってるわけでもないので整理をほぼしない。おかげで家の至る所から発掘される。

 

■お金

ほかのおたくに関して一番知りたかったのが貯蓄支出の割合だったんだけどあんま書いてる人いなくてかなしい。

わたしは毎月同額貯金して携帯代とか色々払って残ったお金を全部趣味に使ってた。月給の1割くらい毎月貯金でボーナスの3割を貯金に回してました。

非オタからしたら使いすぎって怒られるだろうけどこれでも頑張っていた方だと思ってる。おたくをやめてからは貯金額増やしたよ。 

 

SNS/ブログ

自分ではTwitterとブログをやってる。

推しへのリプとコメントは気が向いたらするけどあんまりしない派。公開ラブレターみたいでなんか恥ずかしいから。

 

■手紙/プレゼントについて

大体作品ごとに1通と1品。

プレゼントは大体2万でおさまるもの。日曜日が千秋楽だとしたら打ち上げとかで荷物になるから大体土曜に預けてた。絶対着てくれるし身につけてくれるし、とにかくあげたものの9割くらいはヘビロテの人なので貢ぎ厨は彼のおたくになりなよ。あげたその日に写真があがることなんてザラだし、マチネでプレボに預けたらソワレの客出しで着て出てきたこととかあった。沸いた。

スタンド花もプレゼントに入れていいなら毎公演。大体2.5〜7。

 

 

■推しかぶり/同厨

非ドル時代は無理だった。

テニス出身の人はみんな大好きだった。テニス時代同志が中々見つからなくてようやく探し当てて繋がれた人たちだから仲は良かったと思う。

知り合った人殆どみんな年上で落ち着いたお姉さんたちだったし、貢ぎ!全通!対応!みたいな目の血走った人たちじゃなかったから仲良く出来たんだろうなと思う。追ってたときは自分のことを見守る系オタ()と思ってたけど今考えるとまぎれもないガチ恋だったから似たようなタイプのオタクがいたら絶対いがみあってたはず。

連番したり公演終わりにご飯食べながら今日もよかったねえって平和にほのぼのお話出来たのはこの現場だけだったし本当にみんな大好きだった。

今度その人たちと旅行に行くよ。本当に今でも仲良くしてくれる友達が出来て彼にも感謝をしたい。

 

■総括

大体こんな感じ。

金と予定の都合のつく限り通い、おたくとも仲良くしたい派。同じものを好きな人と好きなものの話を出来るというのはすごく素敵なことだよ。

推しのことを世界で一番すてきでかっこよくてかわいくて人間としてちゃんとしている人だと思っていたし、わりと今も思ってる。

幸せをもらっているからわたしもそれを返そうと思って色々してたけど、一般職OLはおかげで常に金がなかった。

 おたくをやめてどうなることかと思ったけどわりとまともに生きています。しかしなぜか金はない。