読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらまつり

非オタへの道(失敗)

オタクじゃない私が分かんない

毎週末どこかのイベントやライブや舞台へ足を運んでいた頃から時を経て単推し状態の今現在、時間が有り余り過ぎておりあまりのする事のなさに我ながら呆れている。

推しの仕事が無いから暇という訳でもなくむしろ仕事はある方で、月に舞台1本とまでは行かなくとも規模は小さいけれど3ヶ月に2本くらいのペースでの活動はしていると思う。
公演が終わった翌日から次の現場の稽古へ向かっている事もよくある様で、それはファンとしては大変嬉しく有難く思っている。

けど。
 
けれどそのわりかし忙しめの役者のファンであるこの私は大変に暇なのである。原因なんて考えるまでもなくただのオタクである私は当然稽古に参加するわけもなく、推しを観に行く事が出来るのは公演期間の大体5日間くらい、少なくて3日間程度なのだ。
月に5日間。しかも連続して5日間だ。それ以外の約25日間、高校1年生から平行して複数の現場のオタクをしてきた私にはあまりにも長すぎる時間だった。
常々オタクではない人達は普段何をして生きているのかという疑問を持ち続けてきたけれど、今度は単推しの人達は推しの仕事がない期間何をして過ごしているんだろうという疑問が生まれた。
 
『俳優オタク』という括りから外れたとき、己の無趣味さに驚くと同時にオタク以外の友人が殆どいないことに気付いた。
アイドル現場にいた頃、毎週末どころか平日にも頻繁にイベントがあり、少し周りを見渡せば誰かしら知り合いがいた。約束などしなくともイベントへ足を運べば自動的に沢山の知り合いと顔を合わせていた。
けれど俳優個人の現場となると話は別だ。セット売りでもされていない限り現場で顔を合わせる知った顔のオタクの皆さんは全員推しかぶりなのである。前のエントリにも書いたが私の推しはファンが少ない。
幸い仲良くしてくれる推しかぶりの友人が数人おり有難い限りだが、その友人達とも舞台イベント等を抜きに個人的に遊ぶことは稀だった。その上その友人達ともなかなか予定があわず最近では一人で観劇する事も増えてきている。
 
話は戻り、オタク的な活動のない25日間をどう過ごすかと考えた時、正直何も思い浮かばなかった。私は現在OLとして仕事をしており、残業も全く無い為土日どころか平日の夕方以降も暇で特にする事もなく非常に時間を無駄にしている様に感じる。
 
元来友人は少ない方で、というか幼稚園からの幼馴染み4人を抜くと友達と呼べる人は1人。オタクで仲良くしてくれていると感じる人達は6人くらい。6人と言っても現場を抜きにして遊ぶのは2人くらい。我ながらやばい。非常にまずい。
 
当然だが友人皆それぞれ大学や専門学校、仕事など別々のことをしており住んでいるところもバラバラで予定が合うかと言えば中々合わず年に1度か2度集まれれば良い方だ。
高校時代、入学してから友達を作ろうという考えの遥か手前に「テニミュの為にバイトする!!!!!!!」という決意があった。
友人作りを疎かにしていた上、休み時間くらいしか話す時間のない高校での友達作りよりも特典会で推しと何を話すか・手紙に何を書くかなど"推し対自分"の事しか頭に無かったツケが今になって回ってきていると感じる。
 
恋愛に関してもそれは同じで、一度私を好きになってくれる奇特な人が現れお付き合いしたことがあったが、テニミュが大事すぎて3ヶ月程でお別れさせていただいた。その後、彼の新しい彼女がまた俳優オタクだった為単にこの人は女運があまり無い人だったのだなと思ったがそれは誰にも言わなかった。
 
そして社会人になれば環境が変わり恋愛出来るかもしれないと思っていたが、私のいる事務のフロアと営業などの男性のいるフロアが全く別でほぼ顔を合わせることは無い。
社内恋愛も難しいとなると合コンをセッティングしそうな友人が思い当たらないので街コンにでも行こうかと思ったが現在未成年なのでそれも叶わず、恋愛方面にも逃げられないとなるともうなす術無しというかそもそも過去4年ほどの一番多感な時期に越えるべきことが悉く出来ていないので街コンに行ったとして初対面の男性と話を弾ませる自信がなさ過ぎる。
近頃男性と話した記憶が男オタを抜くと父親と社内の内線くらいしか思い当たらない。
 
書けば書くほど焦りしか生まれない。何から始めればいいのか全く分からないけど取り敢えずはてブロで自分語りをしてる場合じゃないって事だけは分かる。
暇すぎて寂しくて中高時代の人達のSNSを探す禁じ手をして無駄に無駄に無駄に凹んだりしている。
 
19歳社会人。成人まであと4ヶ月。
来年の成人式で同級生に会うのが怖い。