さくらまつり

非オタへの道(失敗からの)

応援ってなんだろう

大好きなパフェのお店がある。

2017年の12月から通い始めて、月に1回度必ず足を運んでいる。

 

その店との出会いは本当に偶然がいくつも重なった結果だった。

結婚が決まり一緒に住む家も決めて、さあ家具家電をを買いにいこうとした日のこと。大型の家電ショップに出かけて物色したけれど具体的な家のサイズを測ってないからまだ買えないね、でもここで解散するにはまだ早い時間だね、ということでわたしが「じゃあパフェが食べたい」と言ったのがことの発端だった。

googleで大型家電ショップ付近の地名とパフェで検索していくつか見た中で心惹かれたカフェに予約もなにもせず足を運んだ。あとから知ったことだったけど、その店は1部2部制となっていて2部までは完全予約制、2部が終わったあとに日によっては16:00くらいから先着順に営業しているというお店だった。つまりわたしたちはあと1時間でもはやく行っていればお店には入れなかったし、1時間遅ければ先着順に間に合わず入れなかった。本当に奇跡のタイミングだったと思う。

 

そのとき出てきたパフェは、本当に本当に嘘みたいにかわいくて嘘みたいに美味しかった。パフェというのは生クリームがたくさん入っていて6割ほど食べたあたりで気持ち悪くなるのがまた乙な食べ物だと思っていたのに、このお店のパフェは最初から最後までずっと美味しかった。食べ終わってしまうのがあんなに切なくて寂しくなるのは初めてだった。

このお店にはどうやらレギュラーメニューのパフェがないらしく、毎月新作が登場するらしい、と知ったわたしたちは翌月も当然足を運んだ。まさに一期一会の出会いだった。12月の出会いのパフェから3月までは主軸となるフルーツが苺だった。4月になるとレモンになり、5.6月はさくらんぼ、7.8月は桃である。気がつけば8ヶ月も経っていた。

わたしたちは本当にギリギリのタイミングでこの店に出会うことができた。というのも、回を重ねるごとにどんどんお店が人気になっていき、今では予約を取るのが大変困難な店になっているからである。なぜわたしたちが毎月足を運べているかというと、来店予約というシステムにより来店した日に翌月の予約を優先的に受けてくれるというリピーターに大変優しいシステムがあるのだ。わたしは若手俳優のおたくなので、既存のファンに優しいこのお店のシステムには本当に涙がでる。

要はこのお店の大ファンなのである。このお店はパフェだけではなく、カレーやフルーツサンドも提供しており、その全てがもうめちゃくちゃ、やばいくらいに美味しい。最強の布陣。

また、カフェだけでなくキッチンカーとして営業する場合もあり、キッチンカーのときはパフェ屋さんではなくピザ屋さんとしての一面がある。このピザもまためちゃくちゃ美味しいのである。信者と思っていただいて全く差し支えないほどに私と夫はこのお店に心酔している。提供されるもの全てが美味しいだけでなく、オーナーの男性とホールの女性お二人とも大変に気のいい優しい人で、12月から通い始め、月に1度しか行っていないにも関わらず3月のキッチンカーではわたしたちの顔と名前が一致していた。

f:id:skr21:20180811100811j:image

リボンで隠したところにわたしたちの苗字が書いてある。

この件ですごくいいなと思ったのは、名前と顔が一致していても親しげに話しかけてくるわけでなく程々の距離間で接してくれるところ。実際いつもと変わらぬ接客対応で、このピザの入れ物に名前を書いてくれていることに気がついたのはお会計を終えて席に着いたときだった。

本当に暖かいのである。

そんなこんなでパフェ屋さん・キッチンカー両方のファンとなり、若手俳優のおたく歴が8年目に差し掛かり、人のファンになる素地が出来まくっていたわたしはあれよあれよと大好きになっていったのだった。毎朝8時ごろに更新されるInstagramを読んで今日も一日頑張ろうという気持ちが漲ってくるので、これはもう"推し"という表現で間違いは無いと思う。1ヶ月の中で必ず1日は確実に最高に幸せになれるという確約がある嬉しさを、毎月噛み締めながら足を運んでいる。

 

わたしが何故若手俳優おたくとしての気持ちを書捨てる為のこのブログでこんなことを書いているかというと、一般の人を応援したいと思ったときに出来ることというのは本当に何もないんだなと、この数ヶ月で痛い程に実感したからである。前述の通り日を追うごとに人気店となっていて先月の7月がお店のオープン1周年だったにも関わらず、瞬く間に予約困難な店へとなっている。こんなに美味しくて大好きなお店なのでわたしも勿論友達などに勧めたいけれど、もう気軽な気持ちで食べに行こうなんて誘えないくらい、本気で予約の戦に挑まなければいけないのだ。

来店予約でかなりの時間帯が埋まるので、新規の人たちはメール・電話予約で頑張るしかない。だけどもお店は2人で営業しているので予約受付作業に沢山の時間を割くのは難しい。いつか過労で倒れてしまうんじゃないかと思う。一度、女性のスタッフさんは営業中に倒れてしまったことがある。多分わたしが想像している以上に沢山の意見がお店には寄せられていて、恐らくその殆ど全ては善意の意見だ。みんなそのお店に行きたいのだから。

今はシステムがあまりにも人力で、日々の仕込みや営業、予約受付作業、沢山の意見への対応でわたしはいつかパンクしてしまうのではと、とても心配になっている。意見などはホールやInstagramの更新をしている女性がほぼ全て受け止めなくてはいけない状態になるので、その人の体や心もとても心配している。

反面、出来る限り多くの人にチャンスを、ということから日々予約のシステムが複雑になっていくけど、その説明を店内で聞くのもまた楽しかったりするのだ。とにかく大好きなお店なので、パフェもカレーも大好きだけど同じくらいお店とスタッフさんも好きで、幸せに笑顔で生きていてほしいと思っている。慈善事業ではないのだからもう少し意見を無視してはいいのでは?と思う反面、きっとそれは望んでいないんだろうなとも思う。お店を"推し"と表現したけれど、芸能人の推しには現場に足を運んだりスタンド花を出したりプレゼントをあげたり、目に見える形で応援することが許されているけど、今はなにも出来ないのでおたくとしてとても苦しい。

ファンレターを書きたい気持ちに溢れているけど、下手に書くとお返事をくれてしまいそうで申し訳なくて怖くて書けないので、今ここに思いの丈を書き捨てている。

芸能人を応援するにはお金が全てだと思っている。芸能人にはかけようと思えばお金は無限にかけられるけど、一般のカフェを応援したかったら出来ることは足を運び続けるだけなのだ。月に1度、予約が取れたときに足を運ぶことだけ。わたしたちの予約枠を新規の人にあげたほうが親切なんだろうかとも考えるけどそれは出来ない。本当になにも出来ないのだ。あまりにもやるせない。

応援したい、お金を払いたいという気持ちは一般の人相手に対しては傲慢な感情なんだなとつくづく思い知らされた。20人も入れないくらいの小さな素敵なカフェを知ってしまったわたしたちはまさか出会った当初はこんな感情を抱くことになるとは考えもしなかった。最高のお店に出会えて幸せだと思う反面、Instagramを読みながら今後のお店の営業とスタッフさんの健康を思って憂う日々である。

どうか良い営業方法が見つかりますように。

 

おしまい

 

帰りの電車で書いたよ

さっき推しのトークイベントが終わって、今帰りの電車に乗っている。推しは先週末大きなお仕事を終えて、今日はその舞台のあと初めてファンの前に姿を現わす日だった。イベントは2部制で、両部参加する人は1部終了後そのまま席に座っていいというシステムだった。1部2部共に客席は殆ど同じメンバーだった。

1部は先週までの舞台の稽古期間中などの裏話が主で、とても楽しかった。その舞台自体は全く好みじゃなかったけど推しの芝居は好きだし公演を通してキャストの人たちのことも好きになれたので裏話を聞けたのはとてもよかった。

今日のイベントは司会の方が3年前の舞台で共演したお笑い芸人の人だった。この3年前の舞台というのが、わたしが今の推しを応援することになったきっかけの作品だったので、今更感もあるけど懐かしいなあと思っていた。その作品については昨年末に散々好き勝手書いた下記エントリがあるわけだけど、なんか、なんでかはわからないけど、今日の2部のトーク内容はずっとこの作品の想い出話だった。

2015年6月21日が千秋楽だったので丸々3年経っている。いやほんとにまじでなんでだったんだろうな。

わたしの推しはねずみでバリバリ人気キャストになって、卒業から大体8ヶ月くらい経ってるけど今のファンの人たちは主にねずみでついた人たちである。ねずみでやばいほどにファンがついて、この8ヶ月で減ったり出戻ったりちょっと増えたりしながら現場に来るファンの顔が見慣れてきたこの頃の、でかい仕事が終わった直後の今日の単独トークイベントである。何故ここ最近のファンではわたしくらいしか観たことがないような、DVDにもなってないから内容すら誰もわからないような3年前の舞台の話をしたのか意味わからなすぎて虚空を見つめてしまった。

なんかよくわからないけど、楽しかった。これやるの絶対今じゃないでしょって思ったけど、あの作品の推しの演じた役が好きであることに変わりはないので素直に話が聞けて嬉しかった。当時の裏話とか本当に心からなんで今ここで?と思って聞いてたけどちょっと泣きそうだった。わたしの死ぬほど大好きな虎七くんの話が出てくるだけではなくて役作りの話までしていて夢のようだった。偶然なのかなんなのか、今日のイベント会場はその舞台の打ち上げをやったところだった(おそらく)。

わたしの苦手な脚本演出家と良い意味で(?)親しくならない一生の先輩後輩だとか、わたしの抱えていたモヤモヤが今日たったの1時間程度でほぼ全て吹き飛ばされた。ほんとうに何が起きたのか全く意味がわからない。物販では蔵出し写真としてランダムブロマイドが5枚1000円で売っていた。

今となってはあのとき推し扱いでチケットを取ってしまったために虎七くんのピン写真6種が手元にないことが何より悔やまれる。

こんなことをずっと考えて3年生きてきたわたしに突然降ってわいたチャンス、買わないわけがなかった。わたしが手に入れたのは見たことのないポーズの虎七くんの写真が3枚。これが当時の推し扱いチケットの特典だったのかなんてわからないけど、願い続けてたら持っていない虎七くんの写真が手に入ってしまった。こんなに嬉しいこと、滅多に無い。

あとは、じゃんけん大会で勝ち抜いて当時の舞台パンフレットに推しのサインが入ったものを手に入れた。今度のサイン貰えるイベントでパンフにサインを貰おうと思っていたので無料で手に入ってラッキー。

再演やってほしいなあって昨年くらいまでは思ってたけど去年の3月に出戻ってから推しの舞台を2作品見て、あの時の虎七くんの良さは3年前の20歳の時だからこそ出せた良さかもしれないなあと思うようになった。今の方が確実にスキルが上がっているからもっと上手く演じられるんだろうけど、未熟さ、若さ特有の青さ含めてまるごと虎七くんの魅力となって昇華されていたと今は思う。

再演してほしいと願うとしたら、それは今のファンの人たちに虎七くんのことを、魅力を、是非とも知ってほしいというただ1つだけ。そのくらい虎七くんは良かった。10年後くらいに再演やるとしたら、虎七くんじゃなくて重隆殿をやってほしいな。

 

【追記】

日本語が不自由な推しのインスタが更新された

わたしは今日死ぬのかな

 

おしまい

お前、いつもいるな

 

おたくになった15歳から今までの7年間で、自分なりにきちんと応援したと言ってもいいと思える芸能人は3人。それぞれの現場でおまいつだったと自分では思っている。大体全通していたしプレゼントとかスタンド花とか、超高級なものではないけど庶民のわたしからすればそこそこのものを送っていた。

そんなわたしのおまいつ人生だったけど、最近、推しに「忙しいと思うけどもし時間があったら舞台観にきてね」と言われるようになった。あーもうわたしは当然こいつは来るんだろっていうおまいつ枠にはいないんだなあって一瞬切なくなったけど、なんかうまく表現できない嬉しさみたいなものが今胸にある。

 

応援してきた3人のうちの1人が今の推しで、1年のおたく休業期間を挟んでるから実質追っている期間は1年半くらい。

新規(半年)→休業(1年)→出戻り(1年)といった流れである。新規時代はそこそこのガッツをやっていたけど、出戻ってからは公演数がやばすぎて半通もしなかった。結婚が決まってからはイベントを干したりして、今ではガッツの頃の面影もなく茶の間になっている。

 

去年の7月に人生で初めて人の結婚式に行った。愉快なことにわたしはそこでブーケをキャッチしてしまって、さらにその日は推しのイベントがあったからパーティドレスを着てブーケを持ったまま推しの現場へ行った。現場に友達いないから一人でパーティドレス着てるの頭おかしい人みたいでつらかった。

「ブーケキャッチしたからわたし今年結婚する!だから結婚式でなんかやってね!」なんて話をしたけど、

笑えるくらい華麗にフラグ回収しちゃったし、推しにも「Twitterとかみてるとほんとにブーケとって1年以内に結婚してる人多いよ」みたいなことを言われたりして、ここ最近接触で自分の結婚ネタを最大限に使いまくっている。話すことないし。最近2回に1回くらいしか現場に足を運んでなかったことも相まって、上記みたいなことを言われたんだと思う。 

推しはもうすぐ大きい舞台に出る。

この間のエグい公演数の仕事でおたくを大量にゲットしたものの、そこのおたくは元が俳優厨じゃない子が多いから色々と大変そうで、イベントやるたびに誰かが怒ってるし推しが何かするたびに裏目に出て、最近はすごく気の毒な感じになっている。も〜〜面白いくらい裏目に出てるの。超かわいそう!近すぎる距離の弊害ここに極まれりって感じ。

良くも悪くも言葉が素直なので失言が多いし、しばらくイベントできないから良かれと思って大量にイベント打ってるのに客を金ヅルだと思ってるみたいに言われてるしもうとにかく気の毒。思いやりのあるいい人だと思うんだけどなわたしは。失言多いけど。

 

「次の舞台が始まったら今より人気が出て遠い存在になっちゃうって思ってるファンの子もいるかもしれないけど、自分のことだと思って考えてみてほしくて。一回名前と顔を覚えた人のこと、そう簡単に忘れないでしょ?僕は絶対忘れないから安心してほしいし、あんまり何回も来れないなんて思ってる子がもしいるなら、気にせず自分のペースで来てくれたら嬉しいです。

◯◯からファンになってくれた子はまだ1年経ってないくらいだけど、長い子とかとあの時ああだったけど今はこうだねって話が出来るのがすごく嬉しいし、この先みんなともそうやって友達みたいな長い付き合いになっていけたらいいなあと思います。」(要約)

みたいなことをね、この間のイベントで言ってた。所々つっこみたいところはあったけど、でもすごく良いことを話してるなあと思ってちょっとうるっときた。飲酒ありイベントだったからかな。

でもきっとこの人はいつまでも覚えてるんだろうなと思う。実際1年ぶりにあった時わたしの職場の最寄り駅まで覚えてたし、超絶売れたおおひらくんという前例もあるし。

 

わたしはもう全通とか一生やらないし、プレゼントもよっぽど渡したいものがなければないかなあと思うけど、でも建前としてもそうやって言ってくれるのは嬉しいな。

ガチ恋対象じゃない推しは今の人が初めてで、ガチ恋じゃなかったら一体この気持ちはなんなんだろうってずっと考えてたけど、推しがおたくとマブダチになりたいって言ってるんだからこれはもしかしたら友情なのかもしれないね。

skr21.hatenablog.com

 

雑談相手にすごく丁度いいんだ。なんの話をしてもうんうんって聞いてくれるし、くそしょーもない話を笑ってくれて、推しはわたしのプライベートに絶対干渉してこないから何話しても漏れることはないし(おたくには漏れるけど)、誰かにただ聞いてほしいだけの話をするのにめちゃくちゃ丁度いい。舞台の感想とか推しに思ってることなんか手紙に書けばいいから、とにかく話がしたいなあって最近思うようになった。

淀みなく喋るわりに失言は多いけど聞く力はめちゃくちゃあって、何より芝居が超好きだからこれから絶対1回は観に行けるようにしたい。旦那さんが全国転勤有りだから尚更関東に住んでるうちに行けるだけ行きたいし、大きなステージに立つ推しをはやく生で観たいな。

お芝居が好きでしょうがない!って全身から感じるような推しの演技を細々とでもいいから少しでも長く観ていけたら嬉しい。あわよくば子供ができたら高校生くらいになった時に連れて行きたいな。

 

炎上はなるべくしないように頑張ってほしい。別に炎上してもいいけどそれのせいで仕事が減るのはすごく困る。前に日頃の感謝を込めてとかいってチェキ撮った人全員に手鏡配ったりしてたから方向性は謎だけどとりあえず良い人なんだとは思う。売れるといいな。

 

おしまい

会いに行ける大義名分をやっと手に入れた(2.21追記)


この間の大安に2年前の街コンで知り合った人と結婚した。元ガチ恋の女、22歳で電撃結婚の巻。

 

それはどうでもいいとして、

わたしが自信をもって今この一瞬が人生で一番幸せです!!!って思える時がきたら、久しぶりって言いに現場に行きたい。

わたしの理想の男性像 - さくらまつり

推しより先に結婚するのが今のわたしの夢だ。ぜっっっったい先に結婚する。そして推しが結婚したら、心からお祝いしたい。多分今のゆるおたの状況でもわたしより先に結婚されたらきっと病んじゃうもん。

喉元過ぎれば熱さを忘れる - さくらまつり

過去のエントリでこんなようなことを書いたけど、わたしの結婚が決まったあたりでちょうど前推しの接触イベントがあった。

 高校一年生から思春期をまるまる捧げて、応援と恋がぐちゃぐちゃのまま4年間ガチ恋をした俳優に、厨降りから2年が経ってようやく胸を張って会いに行ける大義名分が出来た。ので、行った。

写真集を2冊買うと参加できるイベントだった。8000円くらいかな。

会議室みたいなところに椅子がたくさん並べてあって、ざっと100数席くらい。わたしが降りた瞬間にドカンと売れたので周りはほとんど知らないファンの人たちだった。何となく皆穏やかな人たちに見えたなあ。

座席が直前にクジで決まる仕組みになっていて、わたしが会場についた時には100数席ある座席は殆ど埋まっていた。今も前推しを追い続けている友達と一緒に入ったんだけど、2連が空いてるところが最後列しかなかったので最後列に座った。

最後列に腰掛けて、イベントが始まるまでの10分くらいは心臓が口から飛び出そうなくらい緊張した。

 

イベント内容は写真集のオフショットを見ながらトークみたいな感じだったんだけど、まあ喋りのうまいことうまいこと。やばいほどに喋りが上手くなってて泣けた。

本人が話すたびに会場が沸けば人気出たんだなあって泣けるし、淀みなく喋ればそれだけ場数を踏んだんだなあって泣けるし、最後列からかわいくヘアメしてるファンの子の後頭部見るだけで泣けるし、一人称が僕から俺になってたのも泣けるし、ずっとわしが育てたヅラをしてしまった。

そもそも写真集を出せること自体超すごい。東京だけじゃなくて大阪でもイベントやってるのもすごい。2年も経ったらわたしが知ってる時とはファンも本人もまるっきり変わっててコイキングギャラドスになったみたいだった(?)

 

和やかな雰囲気でイベントが進み、最後の本人挨拶で詳細は忘れたけど、「ファンの人たちが普段何してるのかなーとか考える時とかあって。いつもいてくれる人とか、あまり来なくなった人とかも、ねえ?」でこっち見てきたときにわたしは5回死んだ。あーーこういうところーーこういうところが好きだったなあと思いました。どこにいても的確に見つけてくるレーダーを搭載しているところが。

その後にお渡し会があって、前から順番に並ぶ形だったので最後の方まで生殺し状態で青い顔しながら元推しの目の前に立ったら推しに名前呼ばれて久しぶりだねどうしたの?って言われてまた死んだ。わたしが応援していた4年間は殆ど接触がなくて、想像力を駆使して沸いたり病んだりしてたから生身の彼の耐性がまじでなくて、泣きそうになりながら結婚することを伝えておめでとうって言ってもらって(言わせて)終わった。

 

これだけでわたしはもうお腹いっぱいだったけど、なんとチェキ会があったのだった。わたしが厨をやっていた期間、舞台の全通特典で2ショチェキがあろうとも決してそれは許されなかった。チェキ禁の為、差し替え特典として謎の手形やサインで誤魔化されてきた。

まさか厨降りから2年後にチェキ(2000円ポーズ自由)が撮れるなんて思ってもみなかった。レア度や単価を上げるわけでもなく、ただ突然解禁になったチェキ、撮らないわけないじゃん、、、

ていうか、写真集イベントの物販のチェキが2000円って意味が分からんし。写真集をうらないのかよ!良心的すぎかよ…。上限2枚なので4000円を払ってチェキを2枚撮った。今わたしがゆるく追ってる俳優はチェキ2000円(ポーズ指定禁止)なので、現在大人気の元推しの方がコスパが良くて辛い。

 

はじめてのチェキで、ポーズ自由で、当日急にそんなこと言われても全然思いつかなくて、ベタなやつを1枚撮って、あとは「人妻になるまえに距離が近いやつが撮りたい」と伝えて撮ってもらった。f:id:skr21:20180124235444j:image

地下アイドルなんかのそれと比べたら大したことないけど、もっと距離近いやつ撮ったことあるけど、でも、この人とチェキが撮れるっていうことにあまりにも意味があった。左のやつは推しの手がぐるっとわたしの耳のところにあって、すぐ真横に顔があってぴったりくっついてて、死んじゃうかと思った。

好きで好きでつらくて泣いたりとかして、高校のとき全然友達いなかったし週6でバイトしてたけど全然へっちゃらだったのは間違いなくこの人が常にわたしの頭の真ん中にいて楽しいところにたくさん連れて行ってくれたからだなあと思う。

普通の恋をしたことがないJKだったからへんな方向に拗らせちゃったけど、応援していたときも今も、本当に本当に素敵な人だなあとそれだけは変わらずに一貫して思ってる。ファンが冷めた途端にアンチにジョブチェンジするのまじダサいから気をつけようって思ってたけど、こと彼に関しては心配ご無用だった。

 

今も変わらず好きだし応援してるけど、思ってるだけで現場に行ってないしお金もほとんど払ってない。全通とかしてた2年前より今の方が人間としてはまともだと思うけど、ファンを名乗る人間としては最低最悪なので、わたしはもう彼に対しては何も言えない。

 本当に素敵な素敵な素敵な人だなあというのがわたしの6年間の感想なので、これがだれか1人にでも伝わったらいいな。大平峻也くんという俳優さんです。

この先の俳優人生が大平くんにとってより良いものとなりますように。

 

 

【2.21 追記】

読んでくれた方、ありがとうございました。もっとまじめに書けばよかったな。勝手に降りて勝手にまたイベントに行っただけのおたくの記事を好意的に捉えてもらえたみたいでとても嬉しかったです。

 

今となってはたったの4年間と思うけど高校1年生からの4年間は体感的にとても長くて、多分今から丸4年間誰か他の人をガッツリ追ってもああいう感情にはならないんじゃないのかと思う。

一番最初に応援しようと思えたのがおおひらくんでよかったな。

おおひらくんはすごいんだよ本当に。

skr21.hatenablog.com

 

skr21.hatenablog.com

 

おしまい

大体同じことしか書けないのよ

現場納めを無事終えて、あとは新年を待つのみ。はてなには言いまわしを微妙に変えて同じことを何度も書いた2017年だったな。そうそう考え方が変わるわけもなく、環境が少しだけ変わった1年だった。

今年は舞台を20本くらい。わりと新規開拓した作品にはずれがなかったので満足度の高い年となった。俳優目当てで行くことがグンと減って、脚本家や演出家や劇団で観に行く作品を決めたり、クレカや某サイトの優待を積極的に利用した。優待でいいなあと思ったのはつまんなくてもまあ◯千円ならこんなもんかと思えるところ。面白ければ次は定価でちゃんと行こうと思えるし腰の重いわたしにはとても有り難い。

推しのいるそこそこの舞台と、面白いかどうかわからない推しのいない舞台を天秤にかけつつ色々と思考を巡らせていたけど、1年かけてじわりじわり考えた結果、今のわたしには推しのいない面白い舞台の方が楽しいなという結論となった。推しが出ていれば、推しが頑張っていれば、面白くなくてもそこそこ満足出来るという時期はもうわたしの中では終わっていて、そういう未熟さを愛でるとか悪いところに目を瞑ることがもう出来なくなった。

考察の仕方が分かってきたのも大きいかもしれない。考察めちゃくちゃたのしいね。

どんどん趣味に割ける時間が減ってきたし、わたしが時間を作って観にいけるその1回はクオリティの高い作品に使って満足したいなという今現在。公演期間を通してどんどん成長していく云々というのを役者が言うことに耐えられないし、せめて及第点は取れる状態で舞台に立ってほしい。わたしが求めるものは素人の成長ではなくプロの仕事です。そんなに高度なことは求めてないんだけどな。わたしの言う芝居上手いは"=滑舌がよくて聞き取りやすい"なんだけどな。*1

 

来年は今年ほどおたくも出来なくなるし、ますます取捨選択が難しくなるけどねもしゅーと柿だけは欠かさず観に行こうと思う。今年ははずれはあんまり引かなかったけど、ねもしゅーに匹敵するほどの最高の作品には出会えなかったからねもしゅーと柿の2強のまま終わってしまった。

おたくに戻ろうとはしたけど、結局以前のようなガチ恋おたくにはなれず、病みもせず、イベントを干せるようになったし推しへの執着自体がなくなって今のわたしはただの演劇おたくかもしれない。すごく人生楽しいです。焦燥感のないおたくをやるのは高校1年生のとき以来かもしれない。特定の推しがいない人はこんな感じなのかな。楽しいね。

推し(仮)はでかい仕事が決まったけど、最近暇なあまりにやばいイベントばっかりやってて怖い。炎上してはいけない24時状態だけどそのうちボヤが起きそうで心配です。頑張ってね(他人行儀)

来年も良き一年となりますように。

 

良いお年を。

*1:例外としてテニミュはOKみたいなところがある。

君の人生をもう少し観ていたかった

※このエントリは2年ほど前にキャパ200くらいの劇場で行われた舞台のとある1人のキャラクターが忘れられないわたしを成仏させるためのものです。

 

2次元のキャラクターを推しにしている人は想像力が豊かですごいなあと横目で見つつ、今の今まで若手俳優のおたくをやってきた。

握手や会話も出来ないし、動いている様子を肉眼で見ることも叶わない、体温を感じることが出来ない相手について想像を膨らませることは物凄く体力が必要なことだと思う。2次元のジャンルの人は本当にすごい。漫画を読んでそこまで特定のキャラクターに感情移入が出来ないので死ぬほど読んだ漫画でも特別好きなキャラクターはいない。女児向けのアニメに推しキャラはいるけどそれは顔がかわいいからである。

 そんなわたしだったけど、実在しない人物を好きになる人の気持ちが少しだけ理解できるようになった舞台がある。

 

それは数年前に小規模キャパで行われた原作無しの完全オリジナル舞台だった。その時流行していた2次元作品のパクリみたいなタイトルで、内容は特別良いってわけでは無かった。客席が半分くらい関係者で埋められていたし、少数のファンが積むチェキ代でなんとかなっているみたいな様子だった。たった1人のキャラクターを除けば2年経った今さして思い出すキッカケもないような作品だったなあと思う。だけどわたしはその後今までそのたった1人の彼のいる村のモブ女である。

 

その舞台には当時の推しが出演していた。出演者扱いでチケットを取るとその出演者のピン写真がもらえたので、当然わたしは推し扱いで全公演のチケットを確保していた。全6公演なのに全6種類だったのを覚えている。

当時の推しは村のブレインような役柄だった。そしてわたしをモブ女にさせた架空のキャラクター(=虎七くん)は推しのいる村のリーダー的な存在だった。3番手くらいの準主役のとても良いポジションである。

虎七くんは仲間からの信頼が厚く、溌剌としていて笑顔で場を明るくする力があり、おいしいところは持っていく少年ジャンプの王道主人公のようなキャラクターだった。戦乱の時代の話だったので殺陣があり、中の人が殺陣経験者である虎七くんは舞台上のどのキャラクターよりも輝いて見えた。

物語は一つの刀を中心として、王国・敵・敵から謀反する右腕・虎七くん率いる村一団の4つが争いをする話である。先述の通り物語自体はそれほど素晴らしいわけではなかった。この脚演出家の作品はこの後にも3本くらい観たけど、全て趣味が合わなかった。主人公史上主義であり、どんなに素晴らしいキャラクターがいてもどんなに芝居が上手い役者がいても、主人公を立たせるために呆気なく死んでいく。絶対死ぬんだもん。

大体無能主人公がオロオロしてる間に7割死んで戦う決意が固まってきた間に重要な味方が犠牲になって、そこでようやく主人公覚醒で敵を倒すものの気がつけば生き残りは1人か2人みたいな。例外なくこの作品もそうだったし、わたしが今まで愛してやまない虎七くんも無念の死を遂げて消えていった一人である。(これは8割が脚本家への私怨であることは認めます。)

簡潔に言うとわたしはこの舞台のこのキャラクターをきっかけに数ヶ月後虎七くん役の役者に厨降りをした。虎七くんをあまりにも好きになってしまったことと、その時追っていた俳優現場がしんどくなったためです。今となってはあのとき推し扱いでチケットを取ってしまったために虎七くんのピン写真6種が手元にないことが何より悔やまれる。

 

 虎七くんという男の子(推定10代後半)は位の高くない村の出身であり、刀の使い手。お転婆な王女と遊ぶために幼き頃から城に忍び込むなど、ルールや常識に縛られることなく無鉄砲に生きてきたような男の子だった。そんな部分に村の人間は大きな信頼や頼もしさを彼に感じていたし、彼にも皆の先頭に立つだけの力があった。彼は結果的にはラスボスに斬られて死んでしまうんだけれども、その理由となった部分も彼の持つ魅力の一つであったと思う。

 彼が死ぬこととなった原因として1番に挙げられるのは、彼が単独行動を取ってしまったこと。同じ村出身の男5人女1人の編成を崩し、無鉄砲な虎七くんは1人敵陣に突っ込みあっさり捕まる。それを助けるため続いて他4人が城に忍び込み一度は合流に成功するも、力及ばず全員死んでいく。虎七くんの言葉のなかで1番好きなのは「これは俺の"物語"だ。武蔵野村は好きにやらせてもらうぜ付いてきてくれる仲間を信じてな」という所なんだけれども、そんな虎七くんの信念虚しく、散り散りになった仲間は1人ずつ殺され虎七くんはその亡骸を見ることすら出来ぬまま死んでゆくわけです。

彼を村のリーダーたらしめていたものはがむしゃらさや無鉄砲さ、逆境を乗り越えるために前進し続ける部分だったと思うけど、それは同時に村の仲間を失う原因となった部分でもあった。虎七くんにもっと戦略的思考があったならば、敵陣に1人突っ込むなんてことはしなかっただろうしいけ好かない王子ともっと早く手を組んでいたのではないかと、虎七くん亡き今、わたしは考えている。

 

虎七くんというキャラクターは今の私の推しの良さを全てぶち込んだような役であったと思うし、そういう役を当て書きしてくれた客演出家には感謝している(嫌いだけど)。推しの名前も存在すら知らない、この客演出家の他の作品も一度も観たことがない、なんのバイアスも掛からない状態で虎七くんに出会えたことはとても幸せな事だったなと思う。最近まで大きな作品に出ていたので、そこで推しは沢山のファンを獲得した。わたしが虎七くんに出会った時と同じように、彼の名前も顔も知らないような状態であの役を観て彼のファンになった人はきっとこの先ずっとその役が特別になるんだと思う。

推しの情報をリセットすることは出来ないからそういうフラットな状態でお芝居を観られることはわたしはもう一生ないので、毎度毎度新規のファンの子達がものすごくうらやましい。

こうして2年以上も経っているのに未だに虎七くんを愛する亡霊として彷徨っているのは今現在わたしの他に誰も虎七くん、おいてはその作品の話を誰もしない状態だからです。全部わたしの夢だったんじゃないかなあとすら思うことがある。そんな中で、この間の接触のとき推しに「来週こういう頑張らなきゃいけないことがあるから、頑張れるようなチェキが撮りたい」と持ちかけたら演出家に没にされた虎七くんの挨拶の仕方を教えてくれて、堪らなくなってこのブログを書いた。

あの作品が終わってから虎七くんの話題を本人に直接言ったことも手紙に書いたことも殆ど無かったけど、そうやって名前を出してくれたことがあまりにも嬉しくて、当然だけど件の頑張らなきゃいけないことが無事に頑張れたことは言うまでもありません。

こうやって思っていることを全部書くことが出来たので、もう虎七くんの話題を出すのはやめようと思う。(鍵アカウントでは言うかもしれないけど。)本当に良い役だったなあ。またそういう役を演じる推しが観たいなあと思います。良いお仕事に巡り会える俳優人生となりますように。

 

おしまい

あなたに優しくする理由 - 月刊「根本宗子」第14号 スーパーストライク

初めて根本さんの作る作品を観たのは2015年の5月。それからもう2年半近くも経ってしまった。第10号の「もっと超越した所へ。」から数えてわたしが観てきたのは外部公演を含めて10本。2年半の中で全作品を観たわけではない上にドラマの脚本なども書いているので驚異的なスピードで作品を世に出していることを感じる。

 

gekkannemoto.wixsite.com

出演
田村健太郎 長井短 ファーストサマーウイカ 根本宗子

今回の作品は男性1名と女性3名だけで上演される。今までわたしが観てきた色々な舞台の中で最小人数かもしれない。

根本さんの作る舞台は基本的に外部公演以外あらすじが事前にわからない。公式ホームページにはその作品を作るにあたった根本さんの思いのようなものが綴られているけど、それは決してあらすじではないから観に行くまで一体どんな話なのか想像も出来ない。

今回の第14号のタイトルは『スーパーストライク』。タイトルからなにもイメージを膨らませることが出来ないまま、観劇当日を迎えた。タイトルから想像は出来なくてもそれまで9本は観ているわけなので何となくクズ男vsヒステリックな女のバトルだろうと思っていた。

 

Tinder (出会い系マッチングアプリ)を舞台にして物語は進む。

  • マリ (25)・・・職業:ツイキャス主。視聴者数は常に1500人ほど。2Kまたはそれより広いマンションを借りて一人暮らし。家賃はツイキャスなどの収入から自分で払っている。美容やファッション系のツイキャス主と見られる。
  • エイミー (24)・・・職業:トリマー。マリとはジムで知り合い意気投合、同じマンションの別の部屋に住み始める。マリがモデル業をする際はヘアメイクなどを担当している。
  • 黒川 (25)・・・職業:不明。マリの同級生であり親友であったが事情により現在は親交がない。マリのツイキャスを欠かさず視聴している。
  • 南くん (30)・・・職業:ミュージカル俳優 (志望)。友人がおらず人と接する際の距離感がおかしい。見かねた知人が「お前はアプリくらいから始めたほうがいい」と助言し、Tinderを始める。地味メガネ。

 

事はマリがTinderで南くんに"スーパーライク"を送ったことから始まる。 (スーパーライク=Tinderにおける"いいね"のようなもの)

小さい頃から親しい友人がおらず友達との正しい距離感が分からないせいでゲイと疑われ全く友達が出来ない男、横手南。そんな最中、「お前はアプリくらいの距離感から始めた方がいい」と知人に勧められ、恋人を探すアプリ (Tinder )を始める。しかし南はTinderを友人を探すアプリと勘違い。マッチングした女の子たちと仲良くなりたい一心で全員に全力で優しくするが距離感が近いこと・底抜けに親切なことなどが災いし、全員から好きになられてしまう。南にスーパーライクを送ってきた3人は実は知り合いだと分かり・・・?

ざっくり書くとこんな感じかな。

 

今までわたしが観てきた根本さんの作品と異なる点は、今回唯一の男性役である南くんが決してド畜生ではないというところ。他3名の女性陣からそれぞれ好意の矢印を向けられるも、3股をするわけでも誰か1名と付き合って他2名を酷くフるということもない。穏やかで争いごとが好きではない、Tinderのスーパーライクをスーパーストライクと間違えてしまうような可愛いメンズなのだ。

 

今回のこのスーパーストライクという舞台はめちゃくちゃ、めっっっちゃくちゃ面白くて、何でかっていうとこの一見ただのイイヤツである南くんに対する印象が話の進むにつれ、どんどん変化していくから。

 

南くんは地味だし、色も白くて細くて文化系男子そのものみたいな外見をしている。ミュージカル俳優志望なので当然ミュージカルが大好きで、ミュージカルの話をするときは目をキラキラさせて歌ったりしてすごくかわいいし、とにかく底抜けに優しい。彼女でもない女の犬の世話をしてくれるし、逃げたハムスターを一緒に探してくれるし、抱きしめて!って言えば抱きしめてくれる。僕にできる事なら!というスタンスでほとんど何でもしてくれる。

"ほとんど"と付けたのは、ただ一つだけしてくれないことがあるから。それは、物語に出てくる3人の女たちが最も求めていること=お付き合いをするということ。南くんは3人と友達になれたことがとにかく嬉しいようで、彼女を作るというステージへ行くのは自分にはまだ早いと本気で思っている。

「〇〇さえ良ければ、これからも友達でいてほしい!だってこんなに仲良くなれたのは初めてだから!」って告白された女全員に真面目に言うような男である。とにかく南くんの中では彼女よりも友達という存在のほうが遥かに重要なものらしいということが、時の流れとともにじわじわとわかってくる。異常なほどに"友達"でいることに執着があるように思う。

 

話は変わり、職業ツイキャス主であるマリ (長井短 )は学生時代に1人は必ずいたような、高飛車で顔が綺麗でスタイルも良く、お洒落でお喋り、常に周りに人が絶えない代わりに敵も多いようなヒエラルキー最上位の女である。そんなマリに召使いのように呼びつけられ、ツイキャスの視聴率向上目的で飼い始めた犬の世話をさせられているのが、トリマーであるエイミー。いつも突然電話で呼びつけられ、仕方なくマリの部屋へ行けば遅いと文句を言われ、犬のフンが臭くて無理だから何とかしてと言われ、めちゃくちゃな注文を怒りもせずやれやれという雰囲気で聞いてあげている。

マリがTinderで「この横手南って人超タイプ!!」と言ってスーパーライクを送っている瞬間を横で見ていた人物である。エイミーはマリを少しでも痛い目に合わせたいという出来心で南くんにスーパーライクを送る。

 

根本さんの舞台は基本的に場所が決められている。ここは誰の部屋、あそこは誰の部屋というふうに決められていて、キャラクターに合った部屋がかなり緻密に作り込まれている。その為あるときは部屋、あるときは映画館のように舞台上で場所が変化することはほとんど無く、常に誰かの部屋で物語が進んでいく。

例のごとく今回のセットも舞台上部が3分割されていた。向かって左がマリの部屋。美容ファッション系ツイキャス主らしくかわいくデコレーションされている。中央がエイミーの部屋、というかトイレ。ここが落ち着くと言って、いつもトイレに座布団を敷きカップラーメンを食べている。もしかすると、トリマーの収入で家賃を払うのが厳しく食費をケチっているのかもしれない。

そして、向かって右が黒川という女の部屋。黒川はいつもマリのツイキャスを視聴している熱心な視聴者のようである。見ているだけではなく、マリを参考にしたのであろうファッションを見に纏い飾りつけなどが施された部屋に住んでいる。扉やテーブルの見た目からして恐らく黒川の部屋は和室である。築年数がそこそこ経過しているように見える部屋に似合わぬ華やかなデコレーションが、逆に物悲しさを演出していた。

一連の流れからして黒川には親しい友人がいないように思える。そしてその分、Tinderで出会い親しくなった横手南に執着しているように見える。黒川が横手南にスーパーライクを送った理由は、マリが南にスーパーライクを送ったことをツイキャスの放送で聴いていたためである。 (マリがオフラインにするのを忘れていて、Tinderを使っているという会話が放送されていた )

 

物語中盤に黒川の口から自分はマリと知り合いだということが明かされる。

「マリとは学生時代の親友であり何でも話す仲であった。ダサかったわたしはマリが仲良くしてくれるのが本当に嬉しかったし、マリが友達に紹介してくれた時も特別な気持ちになれた。ある日好きな人がいることを明かすと親身に相談に乗ってくれ、彼の好きな髪型などを教えてくれた。思い切ってショートカットにした翌日、登校すると自分と全く同じ髪型にしたマリがいた。そうしているうちにマリは彼と付き合い始め、これからは仲良くするのやめようと言われた。最初から私は引き立て役に選ばれただけだったと気がついた。思えばいつも一緒にいたのも同じ服を一緒に買ったのも、マリを引き立たせる為に利用されていたからだ。マリは家が裕福だったけど私は一生懸命バイトしてやっとマリの遊びに付き合うことが出来ていた。でもマリとの付き合いをやめたわたしには何も残らなかった。」

そんなような内容だった。マリがどんなに酷い女なのか、自分がどんなに辛い思いだったか、どんなに酷い目に遭わされたか、黒川は南に必死で訴えていた。

南にスーパーライクを送ったのはマリの大切なものを奪ってみたかったから。だけど南くんはすごく優しくて、だんだん本当に好きになってしまった、マリに取られたくなかったと言って、黒川は南に告白をする。ずっと黙って聞いていた南は「ひとつ確認なんだけど、それって悪口のプレゼンじゃないよね?僕のことを思って言ってくれるだけだよね?」と問いかける。

横手南めちゃくそ鋭いな。悪口のプレゼン (プレゼントだったかも )って女の愚痴大会あるあるだよね。時折わたしも悪かったとは思うけど…みたいな言葉を挟んでみたりして、いやお前絶対思ってないだろみたいな。

 

南の言葉に焦りながらもそうだよと言うと、「良かった。ならいいんだ。マリちゃんと黒川の過去に色々あったことはわかったけど、それは僕には関係のないことだから。僕は2人とも大切な友達だし、黒川はマリちゃんを貶めたくて僕にスーパーライクを送ったのかもしれないけど、それでもこんなに仲良くなれたのが物凄く嬉しいんだ。だから、黒川とは付き合えないけどもし良ければこれからも友達でいてほしいんだ」と南は言う。

 今のところ、南くんは圧倒的に正しい。

 

今の時点で4000字くらいだけどまだ続きます。

 

場所が変わり、今度は南の部屋にエイミーが来ている。その時南の部屋にはマリの飼い犬モアナもいる。マリは実家に里帰り中。モアナは日頃面倒をみているエイミーに懐いているため、マリと親交があることが南にバレてしまう。エイミーもまた、黒川と同じようにマリにぎゃふんと言わせたくてスーパーライクを送ったのだということが判明する。

そんな中、突然弓矢がどこからか飛んできて南のお腹に突き刺さる。救急車を呼ぼうとすると南に止められ、気が動転したエイミーはマリを家に呼んでしまう。エイミーと南に親交があることを知らないマリは電話口で何でお前がそこにいるんだと発狂。エイミーは南に横になったらと促すが、なぜか次第に南は元気になり、いい機会だから!と黒川まで呼びつける。この時点でエイミーは黒川という女を知らないのでポカンとしている。

 

そうして、物語終盤で今まで常に2人組以上のペアが存在しなかった舞台上に初めて4人が集合する。

 南の部屋を訪れたマリは物凄い剣幕でエイミーに食ってかかる。矢が刺さったなんていう意味不明なことを聞かされた上、エイミーが好きな男の部屋にいるんだから無理もない。マリの口から出るのは人格否定のオンパレード。言い返すのも嫌になるほどの罵声を浴びせられているところに黒川が到着する。もちろんマリは黒川と南に親交があることを知らないので、黒川にも罵声を浴びせる。「あんた何でここにいるわけ?あたしあんたの顔二度と見たくないんだけど」

ここで横でオロオロしているだけだった元凶の南が口を開く。「黒川とマリちゃんの間に色々あったことは黒川から聞いた。でもこうやって知り合えたのは何かの縁だからこの機会に2人に仲良くなってほしくて」

2人の間を取り持とうと声をかけるがマリの人格否定は止まらない。

「あんた突然あたしの連絡先全部拒否して目の前から消えたと思ったらなんなの?なんであんたがここにいるわけ?しかも服もあたしとお揃いだし怖いんだけど…まじでなんなの?」

「これはわたしお金ないから昔の服をまだ着てるだけで…」

「はあ?これ1ヶ月前に買ったやつだから。何嘘ついてんの?」

客席で聞いていて感心してしまうほどにマリの罵倒は語彙が豊富で、さすがツイキャスで喋りの仕事をしているだけのことはあるなという感じである。多分今までの人生でも、常に罵声を浴びせる側だったんだろうな。あんなにハキハキと流暢に人を怒鳴ることはなかなか出来ない。

マリの怒りはエイミーに向かったり黒川に向かったりとめどなく溢れ、見かねた黒川はエイミーの気持ちが分かると言い出す。黒川・エイミーvsマリの幕開けである。

「わたし分かるよこの人の気持ち。マリと一緒にいるとなんか劣等感っていうか、卑屈になっちゃってすごい自分が嫌になる。マリに色々お願い事されてすっごく嫌なのになぜか聞いちゃう自分がいるし、もしわたしが聞かなかったら他の誰かがマリの隣に行くんだって思うとそれも悔しくて出来なくて。マリの隣がわたしじゃなくなったら、わたしは本当に必要のないただの引き立て役だったって認めることになるからそれも嫌で。実際今マリの隣にはエイミーとかいう知らない人がいるし。マリから離れて何年も経つのにやっぱりマリのことが気になってツイキャスとか見ちゃう自分がいる。でもあんだけ執着してたのに、いざ会ってみるとあーわたし何でこの人にこんなに執着してたんだろうって気持ちになってきたし、もう自分でも複雑すぎてこの気持ちはわかんないよ」

1億回のわかる。黒川の気持ちが死ぬほどわかる。中学生の頃、ただのおたくだったわたしはなぜか強めのグループに属していた。ヒップホップダンスをずっと習っていて学校帰りに渋谷などに繰り出している友人と、あまり学校に来ない不良グループと親しい友人とわたしの3人組だった。2人とも違う世界を知っているんだなと思っていたし羨ましかった。そんなグループにいることで、ただのおたくだけどわたしもちょっと都会的な?イケてる気がしていた。虎の威を借るとか腰巾着みたいな言葉がぴったりなのかもね。自分を持ってなかったわけだし、2人の言葉はいつもかっこよく聞こえた。

 

女3人のやりとりに収集がつかなくなった頃、突然南が「今何時!?やばい伏せて!!」と大声を出す。その瞬間、壁に一本の矢が飛んでくる。怯える3人をよそに「Tinderで矢を飛ばすのが趣味の子と知り合ってさ。でも飛ばす相手がいないっていうから僕でよければって言ったんだ」と、南はニコニコと話している。

「待って待ってわたしら以外にもTinderで知り合った人がいるわけ?」

「うん!えーーーと、3人を入れて14人かな?」

「…………14人に同じくらい優しくしてたってこと?」

「同じくらいかは分からないけど、僕に出来ることは大体やったつもりだよ!」

「弓矢飛ばすのすら受け入れてるんだからお願い全部聞いてあげてるでしょ」

 

 度重なる驚きの事実に段々と疲弊してきた3人と入れ替わるように、ここから怒涛の横手南のターンが始まる。男女の友情問題。先述したけれど、横手南にとって彼女よりも友達のほうが何倍も何十倍も重要な存在であるという部分が紐解かれていく。

Tinderを通して出会った女の子たちとどんどん仲良くなれていることが嬉しくて仕方がないという南に対し3人は「わたしたちのような犠牲者を増やしてはいけない」という思いの元、南の話に耳を傾け意見をぶつける。

「Tinderは出会い系アプリなんだよ?」

「うん。友達を作るためのアプリだよね!すごくいいよね!」

「恋人を作るためのアプリだよ。あんたがそうやって好意もないのに優しくしてくるから、そんなの好きになっちゃうに決まってるじゃん。失礼だよちゃんと出会いたい人に。」

「僕距離感とかわからなくて、いつも気持ち悪いって言われて友達全然出来なくて、でも初めて、初めてなんだ3人みたいに意見をズバズバ言ってくれる人は。だから僕はみんなともう会えないなんて嫌だ。だってこんなに仲良くなれたんだから!」

「あたしらは別にいい友達なんかじゃないからね。アプリで出会った友達なんて急激に仲良くなって親友みたいな関係になることもあるけど、ほとぼりが冷めたらそのあと一生会わないみたいなその程度の関係なんだよ。あたしらがこんなに喧嘩ができるのは付き合いが長いから。南くんはあたしらみたいな関係をすぐに築こうとするから変な距離感になっちゃうんだよ。好きになっちゃうよそんな距離感で来られたら。わたしたちは女で、南くんは男なんだから」

 

南くんは会話に慣れていないのか、時折話についていけずノートにメモを取りながら話に参加していた。「みんなの気持ちを理解したいんだ」と言って突然ノートに向かい始めたと思えば、わかったぞ!!と言って話に戻ってくる。変な方向に一生懸命で、人の気持ちには鈍感な南くんがどんどん可哀想に思えて仕方がなかった。

距離感がおかしいせいで同性にはゲイと疑われ敬遠され、唯一仲良くしてくれる人が現れたと思えばその人はゲイで。そんなことばっかりでようやく仲良くなれたと思ったら今度は告白されてしまって。具体的に横手南の何がどういけないのかずっと考えているけど、なかなかハッキリとした答えが出ないままもう数日が経ってしまった。南くんはたびたび理解した!!と言うけど、それは現象として把握出来ただけで別の人間なんだから他人の感情の動きを真に理解は出来ていないんじゃないかな。

帰りたそうにしている3人を無理やり引き留めて縋り付いて、結局自分が一人で寂しいから構ってほしい友人として自分を安心させてほしいっていう身勝手な考えがあるんだなあと思った。

クラスに一人はいたよね。別にものすごく性格が悪いとかお風呂に入ってないとかそういう明らかに孤立するような理由があるわけじゃないのにいつも1人でいる子。いじめられてるとかではないし話しかけられればこっちもちゃんと返事をするし。でもちょっと変わってて、たまに可哀想だからと思って声をかけたりするけど、あんまり構ってると仲間だと思われてついてきちゃうから適度に距離を取るみたいな、そういう子。

わたしは自分が悪いやつだと思いたくないから適度に話しかけるタイプだったけど、それはわたしが優しいからではなくその子が可哀想だから。少し下に見ていたと思う。多分マリだったら聞こえるように悪口を言うんだろうな。わたしにはそんな勇気はないし、自分を良い子だって思うために、その子を利用していたと思う。でも南くんも優しくしていた理由は友達になりたいからっていうら下心があったわけだしお互い様ということにはならないだろうか。

そんなことを考えていた。南くんは一度病院に行ってみたほうがいいんじゃないかな。あそこまでいくと発達障害だと思う。

 

舞台の感想ブログあんまり書かないからどうまとめればいいのかわからなくて内容をほぼ全部書いてしまった。スーパーストライク、めちゃくちゃ面白いからわたしの知り合いみんなに観てほしい。感想が聞きたい。こんなに面白い演劇を観ることが出来てとにかく幸せでいっぱいな気持ちです。

 

おしまい